MENU

葉酸サプリが小児ぜんそくの原因に!?してはいけない「過剰摂取」

 

前回の記事では、合成葉酸と天然葉酸についてお伝えしてきました。
今回は、葉酸サプリと小児ぜんそくの関係性について触れていきたいと思います。

 

え、ほんと!?葉酸サプリを飲むと小児ぜんそくの可能性が高くなるの?


オーストラリアの研究では、妊娠後期(30〜34週)に葉酸サプリを摂取すると、生まれてくる赤ちゃんがぜんそくになるリスク25%アップした、というものがあります。

 

これ、パッと聞くと結構怖いですよね。
25%ってなかなかの確率ですし。

 

でも、これってどれぐらい葉酸を摂っての結果かご存知ですか?

 

 

それは・・・

 

 

 

 

1000μgです。

 

1000μg以上摂ると、赤ちゃんがぜんそくになるリスク25%アップです。
・・・1000μgって、そりゃ摂り過ぎでしょ^^;

 

ちゃんとどの葉酸サプリメントにも過剰摂取しないようにって書いてますし、厚生労働省が出している文面にも書いてましたよ「1000μg超えないように」って。
大丈夫です、規定通り摂っていれば。
安心してくださいね。

 

「サプリメントで400μg摂って、さらに食事で葉酸がたくさん入っているもの食べちゃったら1000μg超えちゃうんじゃない?」ってご心配も大丈夫です。

 

平成25年の国民健康・栄養調査では、男性平均289μg、女性平均271μg一日で葉酸を摂っているそうですが、
葉酸サプリ400μgを追加で飲んでも700μgいかないんで問題はないですね。

 

 

サプリメントは規定量を正しく守って摂りましょう!

 

このページの先頭へ